日本語が亡びるとき

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

読後の感想は何より「わかりづらい」だった。

主旨としては、世界が日々フラット化されていく状況で、言語も力の弱いものは淘汰され、最も世界で使われている英語の力が巨大になっていくってことなのだろうけれど、それが論じているというより日々思っていることをエッセイとして書いているみたい。中途半端。

webによって世界中の情報が簡単に手に入りつつある状況で、文学においても世界の形が変わりつつあるという認識を得るには良い本。

広告を非表示にする