読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアパーソン入門

アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)

アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)

アイデアパーソンとは「公私を問わず、どんな課題に対しても素敵なアイデアをたくさん出し、それを企画として仕上げる能力のある人」。既存の情報からアイデアを作り、それを企画として立ち上げるという流れの中の、既存の情報の集め方のtipsが主な内容。

主題から外れるかもしれないけれど、僕は下の一節を読んだだけで、この本を読んだ価値があったと思う。

最初にわがまま、それを思いやっていくことで、いいデザインができる。一般的なビジネスパーソンの仕事ではわがまま=アイデアという選択肢をたくさん出すこと、思いやり=選んだアイデアを、企画として整えていくことになります。

P38 第8考 わがまま→思いやり

アイデアを出すためには、わがままになる必要があるし、それを実現可能かどうかを考慮してはいけない。自分が最初から最後まで作るものがあった場合も、最初のアイデア出しの状態で、自分が後で苦しむかどうかを考えてはいけない。出来る・出来ないは時間と空間を分けた状態で考えていくべきなんだろう。

f:id:taizo_onexone:20090125222343j:image:w150,left
今年読んでいるビジネス書や新書は、出来るだけマインドマップみたいなのを作ってまとめてる。
この本は書きやすかった。マインドマップが書きやすい本は、構成が良い証拠。

広告を非表示にする