ただふれたものについて書くブログ

あんまり正しくない話を適当に書くブログ

誰も守ってくれない

踊る大捜査線」スタッフの社会派映画。冒頭の容疑者確保のシーンで、家族、特に妹の人生が一気に崩れていく様子でガッチリ観てる側を掴みにくる。とは言え、堅苦しいということはない。大げさなところもあったり、個性的なキャラも出てきて、観てる側を飽きさせないような工夫が多い。

タイトルと内容がこれほど合致しているのも珍しい。一瞬どの主要人物も「誰も守ってくれない」状態になる。その時の無力感や孤独感が完全に解消されるわけではない。それでも、きちんと希望を持てる心境の変化をしつつ結末を迎える。そのバランスがとてもいい。本当に上手な映画。

誰も守ってくれない(公式サイト)

広告を非表示にする