アジャイルな計画と見積りづくり

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

アジャイル本2冊目。この本はすごい。

アジャイル開発をプロジェクトのスケジュールに落とし込むための、概念や方法、手段をこと細かく紹介している。局所局所で耳にしたことあるようなアジャイル開発の知識が次々と結びついていく。

この本を読んで、アジャイル開発の特徴や理念などでよく出てくる、スタンドアップミーティング、みんなでカードを持ち出すミーティング、エクセルの数字を減らす作業、エンジニアが主導、テストの自動化、いつでもリリースできる状態と断片的な部分のみに目を向けていることを思い知らされた。そういった行為が「何故そのようにするのか」が、とても解りやすく書かれてるから。

別に明日からアジャイルな開発しようぜって話じゃない。チームでひとつのプロジェクトを達成する上での1つの理念を、しっかりと説明しきっている。学ぶところいっぱい。メモ取ってたら書いておきたいところが多かったので、繰り返し読むことになりそう。