ただふれたものについて書くブログ

あんまり正しくない話を適当に書くブログ

新聞・TVが消える日

新聞・TVが消える日 (集英社新書)

新聞・TVが消える日 (集英社新書)

新聞やテレビがインターネットの登場によって、ビジネスモデルが崩れはじめてきたよねって本。

もう若い側からすれば、新聞、テレビなんて見ないよね。っていうのが常識になりつつあるけれど、でもyoutubeとかで出テレビ見たり、音楽落としたり、ポータルサイトでニュースを見ることは多いのも事実。

そうなると、ただ新聞・テレビが銭にならなくなってきただけな気がしてる。自分が生まれた時から新聞やテレビはあったので当たり前のようだけど、今の子どもなんて下手したらテレビより動画投稿サイトのほうが観ている可能性もある*1

法律で色々と守られているところもあるので、この新聞・テレビ業界にあるもやもやっとした感じが数年続いて、いつの間にか存在感が溶けていきそう。

【メモ】
f:id:taizo_onexone:20090323231341j:image:w200

*1:実際に、友人の子どもはyoutubeでアンパンマンを観て育ってる。

広告を非表示にする