正社員が没落する

年末年始の年越し派遣村の村長を務めた湯浅誠と、新書大賞2009で第1位となった「ルポ 貧困大国アメリカ」の著者である堤未果の対談本。

非正規社員は次につながる「溜め」が作れずに上がれない。正規社員は経費削減のために、能力以上の仕事を課せられて疲弊していく。中堅の人物は、求められている人材(若いこと・従順であること・労働力として安価であること)に応えられずに、外に出されていく。そんな社会に警鐘を鳴らしている。

転職も寄らば公務員──予備校通い急増・採用試験に殺到(NIKKEI NET)

こんなニュースもあるけれど、不景気によって、会社を信頼することが無謀というのが、少しずつ世間に知れ渡ってきているのを感じる。じゃあ公務員も自分の生涯を捧げるほど信頼できるものなのか、と言ったら微妙だけど。

【メモ】
f:id:taizo_onexone:20090403233333j:image:w200

広告を非表示にする