iPhoneアプリをリリースするまでに参考にした6冊

f:id:taizo_onexone:20110401004554p:image

今月、Pookの公式としてPookBoard というアプリをリリースしました。

iPhoneアプリは、ずっと作ろう、作ろうと何回か手をかけたものの、
アイデア、自分の技術力の未熟さなどの理由で、毎回頓挫していました。
ですが今回はなんとかきちんとリリースすることが出来ました。


それまでに、参考にしていった書籍をいくつか紹介します。


iPhone SDKの教科書―Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩

iPhone SDKの教科書―Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩

最初にiPhoneアプリ開発とはどうやるんだ?ということで読んだ本。
サンプルが詳しいので、楽しさを伝えるための入門書として、最適でした。


はじめてのiPhone3プログラミング

はじめてのiPhone3プログラミング

これも入門書ですが、iPhone SDKの教科書に比べて、
iPhoneアプリでよく目にするビューや機能は、どうやって作ればいいか、という視点になってます。
コード量が多いので、写経みたいなことやってました。


iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス

僕の場合、Interface Builderを使いこなすのにかなり手こずりました。いまだに慣れないです。
コードのほうがデザインを想像しやすい頭になっていたようです。
この本で、Interface Builderを使わないアプリの開発方法が載っています。
なので、きちんとサンプルコードを写せば大抵それなりに動くのが、この本の最大の利点です。


詳解 Objective-C 2.0 改訂版

詳解 Objective-C 2.0 改訂版

大抵のObjective-Cについての書籍はiPhoneアプリと絡めてあるので
Objective-C 自体について書かれているのは、あまり選択肢がないです。
最初の一冊でこれを読むのは少し重いですが、
他で学びながら、だんだんわかってくる内容です。


iOS開発におけるパターンによるオートマティズム

iOS開発におけるパターンによるオートマティズム

iPhoneアプリ開発していると、デフォルトのデザイン、UIの完成度が高いため
独特なUIを作る必要があまりなかったりします(もちろんゲームなどは違いますが)。
そのため、結果的に別内容のアプリを作ったとしても
似たようなコードを書くことになります。そこを狙った一冊です。

特に通知とネットワークについては、これよりわかりやすい本を僕は知りません。


iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック

iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック

HACKS本なので、高度なものも多いですが、
Push Notificationの実装など、意外と初歩的なものもあります。
この本は、開発していると、何に困って、どうやって解決するかが何となく掴めます。


最近になって、iOSアプリを開発する上で必要な情報は、
ネットや書籍を探れば、たいていのものは手に入れられるようになってきました。
プログラマでなくても、アイデアの鋭さと情熱があれば、短期間で作れる状況だと思います。
すごい時代になってきました。