読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011年まとめ - スマートフォン機種

今年のスマートフォンのシェアは、やっぱりAndroidiPhoneのシェアを抜いたこと*1です。
閉じた世界を構築していたiPhoneに比べて、オープンソースであるAndroidは開発者、利用者側からも強く期待されているものでした。
ところが今年は、Androidのおかげで大きく儲かったという話を聞いたことがなかったです。Androidって儲からないんじゃないのって言われてもいます*2
それどころかオープンソースが故に、iPhoneとはまた違った問題が起きています。

端末ごとの仕様の差異の問題

様々なAndroidケータイが登場していますが、機種によって、カメラの性能が違ったり、物理ボタンの存在があったりなかったりしています。アプリ開発側からすれば、機種ごとに個別対応をする必要があったり、利用側からすれば、UIが機種によって違うため、あまり良いことがなかったりします。

OSアップデートの問題

ケータイは年単位で新機種が登場し、OSがバージョンアップしていきます。ところが機種がアップデートに対応してくれない場合が多い状況です。サポートが広そうなサムスンでさえも、Galaxy SがAndroid4.0 のアップデート対応をするやらしないやら言われています*3

セキュリティの問題

アプリの審査なく公開出来るAndroidでは、信用性が低いです。利用側の想定していない動作をする可能性もあります。Android用ウィルス対策ソフトが発売しています。

他にも色々問題は抱えているものの、Androidはユーザー数はどんどん増えていきます。

キャリアが、ガラケーの頃に築き上げたものがどんどん崩れていく。サービス開発側は、ガラケー時代に比べて利益が下がりそうだけれど、頑張って飛び移ろうとする、利用側はスマホに移ったけれど、結局有名サイトと、動画サイトしか見なくなる。そして通信量が増加して、キャリアが悲鳴を上げはじめる。そんな状況が2012年に進行していくんでしょう。その先には定額制廃止の可能性があります。次のケータイ市場の嵐はそこらへんになるんだと思います。

*1:[http://bit.ly/tjmaND:title]

*2:[http://bit.ly/slp1Wq:title]

*3:[http://bit.ly/w2bP3Y:title]