FlipboardとSmartNewsから考える日本のWebデザイン

なぜ日本のWebデザインはダサいのか? | MEMOPATCH

これを読んでて、 FlipboardSmartNews を思い浮かべた。

f:id:taizo_onexone:20130223225916p:plain f:id:taizo_onexone:20130223225915p:plain

「Flipboardのユーザーインターフェースは、iPadアプリとしては最高だと思う。だが> 日本はiPadのようなタブレットより、スマートフォンが主体。日本発でFlipboardのような存在になるには、スマートフォン特化のユーザーインターフェースが必要だと思った」(浜本氏)

日本語組版にもこだわったニュースリーダーアプリ「SmartNews」 - CNET Japan

SmartNewsは、Flipboard を目指していた結果だそうだ。ジャンルをわけるなら、電子雑誌・新聞と方向性は確かに同じだ。だけど見た目が大きく違う。

Flipboard の場合は、画像が全面に出ている。特にトップページは3件大きく画像が表示される。上では News とあるが、写真だけでは内容がわからない。SmartNewsの場合は、デフォルトでは、カテゴリの総合一覧が見出しで数件表示される。画像も使われているものもあるが、あくまでもサムネイルになっている。

日本のWebデザイナーが言うには、
日本人は情報を得る為にWebサイトをチェックする傾向があるそうです。

なぜ日本のWebデザインはダサいのか? | MEMOPATCH

FlipboardSmartNews の場合は、この傾向がハッキリ出ている。海外で受けているものと比べると、感情に訴えるものよりも、より分かりやすいものが受け入れられているように思える。

作るときは誰に使ってもらうかをキチンと考えないといけない

これは、どちらが良いとか悪いとかの問題ではない。ただ作る側にとっては感情を訴える場合と、明確に需要に応える場合をキチンと考え方を使い分けなければいけない。特にユーザー増加にキチンと応えなければいけない場合は間違ってはいけない大事な箇所だと思う。