ただふれたものについて書くブログ

あんまり正しくない話を適当に書くブログ

働き方についての雑感

最近読んだ本だったり、自分の肌感覚に思う最近の仕事というものについて

競争について

  • 年を経つごとに競争は激化している
  • 競争自体は昔からあったが、今のほうが一度勝ち上がってから、次に繋がらずにまた落ちるまでの期間が短くなっている
  • 逆に一度沈んでも、再度浮かび上がる可能性もたかくなっている
  • 過去は競合しない戦略が重要視されたが、競争のリスクが下がった今は、あえて踏み込んだほうが良い場合が増えている
  • それどころか社内で競争させて成果を伸ばす方針のところも増えている
  • なので、行動できる人とできない人の差はますます広がっていく

「できる人」と「そうでない人」

  • 「できる人」と「そうでない人」で、仕事についての価値観がはっきり分かれる。
  • 考え方が違うことを前提にどう落とし所をつけるかがコミュニケーション能力
  • だけど、組織が「そうでない人」を蚊帳の外に置く場合も少なくない
  • ユニクロとか
  • 企業が求めるグローバルで活躍できる人材と実際に行われてることが矛盾している

幸福な働き方

  • 職場は人を死ぬまで面倒みてくれない
  • 自分を最後まで看取るのは家族である。
  • 何が起こるかわからない未来のために家族を大事にする
  • 僅かな力が沈まぬ限り、涙はいつも振り切れる
広告を非表示にする